Ryuichi Sakamoto – Bibo No Aozora Lyrics

眼差しの不実さと
気高さに溺れていた
狂おしい夏だった
青空も 声も
小さな死のように
これ以上愛さない
禁じる愛おしさで
瞳は 傷口と知る魂の
別々の惑星に
僕たちは棲む双生児さ
野獣の優雅さで
沈黙を舌で味わう
罌粟のように
切なさで胸を傷めながら
君の 可憐な 喉笛から
あふれ出した 虹の涯は
美貌の青空
狂おしい夏だった
手に触れる すべて
欠片の死のように
君の血が透き通る
野蛮な 瞳 見ては
途方に暮れる 真夏の楽園